2018年8月18日土曜日

日陰

若い女の子がウチの窓ガラスを熱心に眺めていた。
これから住む家を探しているのだろう。

本来ならば、すぐに捕まえにいくところだが、この時期は一歩外に出るにも暑すぎて、しばらくは気が付かないふりをしていた。

気にいった物件をみつけたのか、女の子が入ってきた。

「外の気になるのがあったのですが、内見できますか?」

いかにもこれから学生生活を始めそうな若者にも、家賃の安い物件を探している者、どういうわけか裕福で高級なマンションを探しているボンボンもいるが、この子は、親の意向でセキュリティのしっかりした、そこそこの物件を探してると思った。

「外に貼ってある、大野駅徒歩15分の1R、家賃3万円のアパートが気になりまして」

私の予想は外れ、彼女は何か節約を強いられる物件を探してるようだった。

「ありがとうございます、こちらの物件、いまからでも内見できるのですが、ひとつお知らせしておかなければならない事がございまして」

そう言った私を見る彼女の目には、「風呂の追い炊き機能無し」、「トイレの共同使用」を後出しで言われても動じない覚悟を感じた。

「こちらの部屋なのですが、「日当たり物件」となっておりまして、家賃が安くなっております」

それは考えるに値するといった様子で彼女は沈黙した。

「一応、見てみてもいいですか?」

今日みたいな日に行けば間違いなく気に入らない物件だった。

「すぐに案内できますよ、ぜひご覧ください」

ついつい、私はその物件までの道のりを、ひかげを選んで歩いてしまっていた。
本来ならば我々としては、駅前に位置するうちの店を出たところから、たとえ途中、焼き石の道があったとしても、最短ルートならばその上を踏みしめて通り、不動産情報の名誉のためにベストタイムを目指すべきだった。

便利そうなスーパーやコンビニを紹介することで稼いだわずかなポイントも相殺するくらいの不快な日照りの中を早歩きで向かった。

交差点、右前方に局所的な雨雲でも発生してるのかと感じるほどの、広範囲のひかげが見えた。薄暗い空間に白い外壁の灰色の邸宅が並んでいた。

突如として現れた広範囲のひかげは、雨雲ではなく鉄筋シェイド(人工的に作られた日よけ)によるものだった。

鉄筋シェイドは、AEON(イオン:複合商業施設)くらいの広さで、巨大な支柱に支えられ、マンションの五階くらいの高さに位置しており、その上には膨大な数のソーラーパネルが敷き詰められ、あとは変電設備と雨水の排水が整備されているだけの構造で、その下に作られた一等地には、60世帯の戸建てが軒を連ねていた。

「快適そうですよね」

信号待ちの間、彼女が羨望の眼差しで広大なひかげを見つめながら言った。

「普通の人は住めないですよ、あそこには」

一等地に背を向け、5分ほど歩くと、辺りにひかげはほとんど見当たらなかった。

たまにふく風も、ドライヤーを当てられるようだった。

「こちらになります」

二階建てのアパートの角部屋はギラギラと輝いていた。

「3万円ですもんね。。」 

ここ数年、驚異的な気温の上昇のせいで「ひなた」の価値は下がり続けている。
「ひなた」と「ひかげ」の関係は相対的ではなく、絶対的に「ひなた」に価値があった事は、かつての不動産のセールスポイントの「日当たり良好」から見て取れたし、なんなら「日照権」なる太陽を浴びる事を要求する権利が存在した。
一年の四分の1の夏季を除いた暑くない日においては、太陽の光は明るく暖かく、洗濯物はよく乾く、植物は育つといったメリットしかなかった。
しかし、年々厳しくなる夏の熱波は「ひなた」を厄介なものとし「ひかげ」を何よりも魅力的なものにしたのだった。


















0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。